ゲーム・ホビー

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用:http://redd.it/28a5rq


    スレッド「マリオワールド3D」&「ゼルダの伝説神々のトライフォース3D」より。海外ゲームファンが製作したペーパージオラマが話題となっている。


    マリオワールドのペーパージオラマ

    jHriklT (1)

    【外国人「手作りでマリオワールドとゼルダの伝説の世界を3Dにしてみた」 【海外の反応】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用:http://redd.it/286y8t


    スレッド「東京の道路でマリオカートのコスプレ」より。

    BzK9cbc

    【外国人「東京の一般道でリアルマリオカートやってる軍団がいたんだが…何だコレ!?」 【海外の反応】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用:http://redd.it/22cvoihttp://redd.it/wcz64


    立方体ブロックだけで構成されるゲームマインクラフト世界海外の人々がゲーム内制作した巨大な世界話題になっている。舞台は米ドラマゲーム・オブ・スローンズ及び原作の『氷と炎の歌』の城や都市で壮大な作りとなっている。


    ウィンターフェル

    winterfall_2475211

    【外国人「何時間かけたんだ…」 マインクラフトで作った巨大な街や風景が話題に 【海外の反応】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用:http://redd.it/281y65


    スレッド「スマブラに象徴的な4キャラが集う」より。新作のスマッシュブラザーズに、任天堂のマリオ・カプコンのロックマン・ナムコのパックマン・セガのソニックが参戦することが決まり話題となっている。

    EuuF3ew (1)

    【海外「マリオ・ロックマン・ソニック・パックマンが1つのゲームに集うって凄くね?」 【海外の反応】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用:http://redd.it/27sp89http://boards.4chan.org/v/thread/247639965http://youtu.be/XZmxvig1dXE


    スレッド「ゼルダの伝説WiiUはオープンワールドゲームでこんな感じらしい」より。アメリカ・ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム見本市“E3 2014”。Wii U向けに制作中の『ゼルダの伝説』最新作の映像が公開され海外でも話題となっている。出口や入り口にないオープンワールドゲームに加え、洋ゲーのようにフォトリアルではなくトゥーン重視したゲーム作りが好評となっている。

    7C4hfqw

    【海外「日本のゲームはこの路線でいいんだよ!」 ゼルダの伝説WiiUのデモ映像が好評 【海外の反応】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用:http://redd.it/27nw92


    スレッド「第二次世界大戦の退役パイロットが復帰」より。孫がセッティングしたゲーム『War Thunder』をプレイする元空軍パイロットのおじいちゃんの様子が話題となっている。

    3SIMpia

    【外国人「自宅にて、第二次世界大戦の退役パイロットが復帰した件」 【海外の反応】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用:https://boards.4chan.org/v/thread/246685463/itt-terrible-character-design


    スレッド「ひどいキャラデザ」より。9割以上が日本のゲームキャラだったのでまとめてみました。

    672ede28

    【海外「酷いデザインのゲームキャラは?」 日本キャラが多数挙げられる… 【海外の反応】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用:http://redd.it/27569qhttp://redd.it/2749mahttp://redd.it/26tvh6


    スレッド「マリオカートの1992年~2014年までの全歴史」より。海外でも好評のWiiUの『マリオカート8』、過去のシリーズ作品と比較した画像が話題となっている。

    WS000203_2014011515072725f

    【海外「マリオカート8発売記念に、22年間のシリーズ全歴史を比較してみた」 【海外の反応】 】の続きを読む

    このページのトップヘ