イギリス独自のウイルス対策、「国民の命を危険に」と多数の科学者反対
イギリス各地の大学の科学者たちは公開書簡で、政府の現在の対応では国民健康サービス(NHS)の負担がいっそう高まり、「必要以上に大勢の命を危険にさらす」ことになると主張している。科学者たちは、英政府の首席科学顧問、サー・パトリック・ヴァランスが、感染拡大を管理すれば国内人口のウイルスに対する免疫が高まると発言したことも批判している。「集団免疫」と呼ばれるこのアプローチは、流行中の感染症に対する免疫のある人たちに囲まれていれば、重症化のリスクが高い人たちは守られるという発想だ。ざっと試算すると、新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」に対する集団免疫は、人口の約6割が発症した時点で獲得される見通し。しかし、公開書簡に署名した科学者たちは、「現時点で『集団免疫』を追求するのは、有効な選択肢とは思えない」としている。(BBC)
1204909294-960x699
引用: 4chan


(海外の反応)


1Thailand万国アノニマスさん 
イギリスは向こう見ずで集団免疫の仕組みの誤解している


2New Zealand万国アノニマスさん
イギリスは男らしいな


3Malaysia万国アノニマスさん 
ただの冗談なんだろ

4Canada 万国アノニマスさん 
脳細胞が3つ以上あれば誰でも声明時にこうなると分かるだろ 
英語圏全体で馬鹿が政治をやってるな


5United States of America(USA) 万国アノニマスさん 
イギリス政府は数百人の死の責任を取ることになりそう
こんなのは人道に対する罪だ


 Italy 万国アノニマスさん 
仮に人口の6割が感染したら
致死率が1%未満だとしても数万人以上が死ぬよ


 United States of America(USA)万国アノニマスさん 
致死率は3%弱
もし3960万人が感染したら死者は11万8000人だ


6Sweden 万国アノニマスさん 
スウェーデンの学者も同じ戦略を提案してるしイギリス人だってやろうとしてると主張してる


7Ireland 万国アノニマスさん 
いずれ分かることになるんじゃないか
俺達が生き残るか生き残らないかで


8Sweden万国アノニマスさん 
しかしコロナウイルスの免疫力を高めることは出来ない
風邪やインフルエンザのように毎年発生しそう


 Poland 万国アノニマスさん 
いや、インフルエンザはすぐ変異するけどコロナウイルスはそうじゃない


9United Kingdom(Great Britain)万国アノニマスさん 
でも集団免疫ってそんなもんだろ
体の弱い人と高齢者は死んでいくだろうが元気な人は生き続ける


10United States of America(USA)万国アノニマスさん 
「感染者の増加を抑えていく路線」と「集団感染路線」って本当にそんな違いある?
結局は同じだろ


11Finland万国アノニマスさん 
まず感染して免疫を得るって凄いな
水疱瘡じゃあるまいし


12Germany
万国アノニマスさん 
これは興味深いことになりそうだ


13Denmark万国アノニマスさん 
EU加盟国じゃないからどんな形であれイギリスを助ける義務が無くて良かった


 United States of America(USA)万国アノニマスさん 
というかまずイタリアを助けようとしたほうがいい


14Italy万国アノニマスさん 
イギリス人はコロナウイルスで後遺症が残る可能性があると認識してるのか?
肺にダメージが入るリスクがあるしSARSもそうだった


15United States Minor Outlying万国アノニマスさん 
数千年の間、ワクチンが発明されるまで人類は集団免疫なんてつけたことはない
天然痘でもポリオでも無理だった


16United States of America(USA)万国アノニマスさん 
普通の人ですらこれは馬鹿げてると分かるだろ
科学だって半分は常識で出来てる


17 Russian Federation万国アノニマスさん 
待ってくれ、集団免疫って実際に政府のプランなの?
それともタブロイド紙のネタ?


 United States of America(USA)万国アノニマスさん 
そこまで具体的なプランじゃない、まとまりのない撤退案みたいな感じ


19United Kingdom(Great Britain)万国アノニマスさん 
島国なんだから飛行機と船をストップさせれば1ヶ月で何とかなった
どうして中国人やイタリア人を止めなかったんだろうな


 United States of America(USA)万国アノニマスさん 
そりゃ金を稼ぎ続けたいからだ