宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2030年ごろに日本人宇宙飛行士による月面探査を目指す計画を文部科学省の委員会で提案した。 計画によると国際協力で22年から、月の南極付近で水や氷を調査して宇宙船の燃料に使えるか判断。水を燃料に活用する技術などにつなげて、国際的な強みにする。一方、巨額の費用がかかる独自の有人ロケットなどは開発せず、米国が計画する月軌道の宇宙ステーションなどを活用して、日本人宇宙飛行士が30年ごろに月面に到達する権利を得られるようにするという。(ハフィントンポスト)
413999
引用:RedditReddit②


(海外の反応)


1No infomation万国アノニマスさん 
日本は月面に人間を送り込み、アジアの宇宙開発競争を加速させたいようだ


2No infomation万国アノニマスさん
日本がこの宇宙開発競争に勝つことを願う


3No infomation万国アノニマスさん 
ロケットの良い使い方だね、素晴らしいよ日本
金正恩にロケットを与えたら何を狙うか分かったもんじゃない
4No infomation万国アノニマスさん 
政府がこの考えを実行すると決めたら
中国の似たような機関が月のミッションに圧力をかけてくると想像してみる
おそらくこの分野に威信をかけまくってるから



5No infomation
万国アノニマスさん 
日本、インド、中国で第二宇宙開発競争をやるべきだ


unknown万国アノニマスさん 
欧州宇宙機関も月面着陸したがってることを忘れるな!
中国と欧州宇宙機関が月面に国際基地を作るという噂を聞いたことがある
共通の目標があって協調すればもっと早く達成できるはずだ!


6No infomation万国アノニマスさん 
是非ともやってくれ
宇宙探査は1つの国ではなく全人類が関わるべきなんだ
アメリカ人としては月面着陸したことが誇らしいし車両も月に停まっている
しかし人類としては探査に戻ってほしいんだ、宇宙こそ次世代の冒険なんだから


7No infomation万国アノニマスさん 
宇宙兄弟という漫画/アニメが指標になってる気がするんだがどうだろう?


8No infomation万国アノニマスさん 
過去の産物でつまらない月まで行くのに何故金と時間と資源を無駄にするんだろう?
セクシーなロボットに全力を出すべきだろ!


unknown万国アノニマスさん 
セクシーなロボットと月面着陸は二者択一ってわけじゃない
特に日本ならな・・・・


9No infomation万国アノニマスさん 
アメリカも関わるべきだ
月から帰ってきた初のアジア系アメリカ人誕生を目標にしよう!


10No infomation万国アノニマスさん 
月に行くってことはすなわちガンダムの製作も間近だということを願ってる


11No infomation万国アノニマスさん 
巨大ロボットが戦う時代になるまであとどれくらいかかるんだろう


12No infomation万国アノニマスさん 
国際宇宙ステーションだってあるんだから
全ての先進国が協力して月に基地を建ててくれると願ってる


13No infomation万国アノニマスさん 
今さら月に行っても少し遅いのでは・・・


14No infomation万国アノニマスさん 
これは1960年代にやろうとしなきゃな(笑)


15No infomation万国アノニマスさん 
俺が生まれた後に月面に立った人間はいないから
こういうのはかなり素晴らしいことだよ


16No infomation万国アノニマスさん 
死ぬ前にこういうカッコいい宇宙探査を絶対にしてみたかった


17No infomation万国アノニマスさん 
1960年代は今よりも技術が発展してなかったのに
10年以内に月面着陸という偉業を達成することが出来た
あれから何年も経ってるのにどうして二度目はこんなに時間がかかってるんだろう?


 unknown万国アノニマスさん 
1960年代は「競争」と考えられていたのでリスク回避を全然してなかった
現在はそんな寛容じゃなくなり、過剰にしなくてはいけない
有人ミッションなら99.99%の成功率で計画しなきゃいけないんだ


18No infomation万国アノニマスさん 
日本は中国に月を渡したくないという印象を受ける
まぁ競争が増えるなら人類にとってはプラスだ
さらに日本にはガンダムを作るという真っ当な理由があるし
ここから全てが始まってほしい・・・


19No infomation万国アノニマスさん
素晴らしいじゃないか
兵器競争よりもむしろ宇宙競争のほうが見たいわ


unknown万国アノニマスさん 
心配するな、両方見れるはずだから


20No infomation万国アノニマスさん 
さて、日本が上手くやってくれることを見守ろうかな