スレッド「木材を長持ちさせアンティーク化する日本の技術」より。建物の外壁材に使用する伝統的材料『焼杉』が海外で話題を集めていたので反応をまとめました。あらかじめ表面を焦がし、炭化状にしておくことで着火性を低くし、耐火性を持たせ、風雨にさらされる杉板の耐久性を高める役割も果たすとされています。

4引用:http://imgur.com/gallery/7cIMtVY https://youtu.be/2H_NVVg3VEk 

(海外の反応)


1No infomation万国アノニマスさん 
木材を長持ちさせアンティーク化する日本の技術
「焼杉板」と呼ばれる古来の日本の外装技術で、木材を火で黒焦げにするというもの
伝統的に杉の木が使われ、プロセスとしては炭化・冷却・天然油に浸して仕上げるという
今日では環境に優しく、 木材が丈夫になり、逆説的に耐火性に優れたものとなっている
防腐剤、塗料、難燃剤が不要で、外装だけでなくインテリアとしても人気が高いという
73 (1)6 (1)8 (1)


2
No infomation万国アノニマスさん
近所の人が小屋の屋根とドアにこういうことしてたな
自分で木材を燃やしてたんだ、見た目は素晴らしいよね


3No infomation万国アノニマスさん 
必要性はイノベーションの母
天然資源の少なさから日本人が思いついたと思うと感銘を受ける



4No infomation
万国アノニマスさん 
ワオ、炭で家を作ってしまうのか 


Unknown万国アノニマスさん 
正しくは炭でメッキされた木材だな


5No infomation万国アノニマスさん 
火と戦うために火を使うなんて実に凄い


Unknown万国アノニマスさん 
火だって既に燃えてしまったものを燃やすのは冗長だと分かってるのさ


6No infomation万国アノニマスさん 
一方イギリスはこれより優れたレンガを使った


7No infomation万国アノニマスさん 
凄く面白いし有益な情報だった


8No infomation万国アノニマスさん
こういう木を使った新しい建築方法は大好きだ
他の材料には無い質があるわけだし 


9No infomation万国アノニマスさん 
新しい技術だと言ってないよね
技術自体は5世紀以上前からあったみたいだ


10No infomation万国アノニマスさん 
俺はこの技術を実践して相棒のギターを作りなおしたよ
良い感じに生まれ変わった!

8FNslI9
 

Unknown万国アノニマスさん 
おお、よく出来てるじゃないか
 

11No infomation万国アノニマスさん 
昔働いてたレストランでオーナーが内装をこんな感じにしてた
見た目は最高だったよ


12No infomation万国アノニマスさん 
建築家の学生としてこのやり方は実践してるよ! 


13No infomation万国アノニマスさん 
最後に浸す油って何が使われてるの?



Unknown万国アノニマスさん 
桐の油とナッツオイル(亜麻仁油)


14No infomation万国アノニマスさん 
ベニヤ板でもこの効果はあるんだろうか? 


15No infomation万国アノニマスさん 
ヤキスギって響きはむしろ食べ物っぽい


16No infomation万国アノニマスさん 
これは日本のテレビ番組で見たことがあるよ・・・本当に凄いよね!


17No infomation万国アノニマスさん 
しかし夏になるとめちゃくちゃ暑くなりそうだ


18No infomation万国アノニマスさん 
炭化の様子はちょっと極端だけど
それでも自分の中では新鮮だったよ


19No infomation万国アノニマスさん
実際これは本当に素晴らしい、教えてくれたスレ主に感謝だ