引用:http://redd.it/300hln


スレッド「今日学んだこと(TodayILearn):世界で2300万本売れたポケモン金銀はたった4人のプログラマーで開発したらしい」より。

pokemongoldsilver

(海外の反応)


1 Unknown万国アノニマスさん 
今日学んだこと(TodayILearn)
世界で2300万本売り上げたポケモンたった4人プログラマーだけで開発された


2 Unknown万国アノニマスさん
四天王は現実の話だったのか・・・


3 Unknown万国アノニマスさん
開発する人の人数が多ければ多いほど名作になるとは限らない
今のゲームはひたすら数だけ揃えて作ってるという感じがするし


 Unknown万国アノニマスさん 
ソフトウェア開発者としては、大人数で開発するほうが複雑でまとめあげるのが難しそうに見える
もちろん小規模なチームだと制約はあるけど
少数精鋭で時間をかけたほうが、大規模&短時間のプロジェクトより質は高くなる


 Unknown万国アノニマスさん 
『Cities:Skylines(都市開発シミュレーションゲーム)』がいい例かもしれん
あれは12人程度の小規模チームで開発したゲームなのに
何百人が束になって作ってるシムシティより出来がいいもん
screenshot_4_3

4 Unknown万国アノニマスさん 
発売まで長い時間かかってたきがするけど確かに初代から見ると変更点多かった
昼と夜システム100種類以上ポケモン追加あとは育成システムとか
ポケモンXYやったことがあるが基本的にはポケモン金銀から変わってないよね


5 Unknown万国アノニマスさん 
森本茂樹というプログラマー曰く、4人の小さなチームで3年半かけてポケモンを開発していたと書いてあるね
「我々はあらゆる機能をゲームに追加したいというほど貪欲だった」と


 Unknown万国アノニマスさん 
ポケモン金銀は壮大なスケール観があったよね
当時こんなゲームはほとんど無かった


6 Unknown万国アノニマスさん 
ポケモン赤・青・ピカチュウからポケモン金銀に触れた時はまったくの別物というほど凄かった
T型フォード(黎明期の自動車)からテスラ(電気自動車)になったくらいの激変だ
ポケモン銀は定価で買ったゲームのなかで唯一値段どおりの価値があった作品だ
 

 Unknown万国アノニマスさん 
子供の頃にポケモン銀買って遊んでて
最近また出たリメイクをオッサンになって買ってもまだ面白かったな
_SL1500_


7 Unknown万国アノニマスさん 
ポケモン金銀って2つの地域をまたがって冒険出来る唯一の作品じゃなかった?
2倍楽しめるのは個人的に最高だった


8 Unknown万国アノニマスさん 
こんな小規模チームなのに(欧米)発売まで6年くらいかかったの?


Unknown万国アノニマスさん   
これはプログラマーの開発段階の話
グラフィック、広報活動、翻訳にもっと手間がかかってる


10 Unknown万国アノニマスさん 
ポケモン・ダイヤモンド/パール/プラチナまで翻訳家って1人だったんだぜ
※ノブ・オガサワラというゲーム翻訳家


11 Unknown万国アノニマスさん 
エンドクレジットがやたら長かった記憶があるけど


 Unknown万国アノニマスさん 
これはプログラマーだけの話、他にも開発に携わった人はたくさんいるよ


12 Unknown万国アノニマスさん 
ポケモン金銀はシリーズ傑作の1つ
カントー地方とジョウト地方の両方に行けるのは素晴らしかった


13 Unknown万国アノニマスさん 
この4人がちゃんと昇進していること願う


 Unknown万国アノニマスさん 
日本の会社だからなぁ
おそらく任天堂の社長と握手してもらい感謝の手紙を貰って
その後速やかに自分の作業デスクに戻って週200時間労働してそうだ


14 Unknown万国アノニマスさん 
『Roller Coaster Tycoon』を一人で作った男もいたくらいだし
ゲーム業界は少数精鋭のほうが良い作品が出来ると思うんだ
6a5c0139c222054911e59d17450cfe71f8d5f4da


15 Unknown万国アノニマスさん 
ゲーム開発とゲームプレイはまったくの別物
結局は文字列と画像の繰り返し表示になるから4人で作ったという事は驚くことでもない


16 Unknown万国アノニマスさん 
ポケモン赤・青・ピカチュウのプログラマーは何人だったのか気になるところ
新要素が金銀にはたくさんあったとはいえ、初代をベースにしてるから


17 Unknown万国アノニマスさん 
今でもこのゲームは自分のお気に入りの作品だ
1周したあとカントー地方まで冒険できるという感動は今でも覚えてる