引用:http://redd.it/2umvsw


スレッド「5歳にも分かるようにドイツと日本製品は信頼性や品質が高いのか教えて」より。

s_hill_japanese_500x279

(海外の反応)


1 Unknown万国アノニマスさん 
なぜドイツ製と日本製の物は、信頼性と品質他の国よりも高いの?
5歳の子供でも分かるよう説明して


2 Unknown万国アノニマスさん
ドイツ人としていたいのは
ドイツの製品市場出る前に完璧主義者ドイツ実施する製品検査パスしなきゃいけないから
ドイツに住んでない実感ないかもしれないが、他国の製品本当良い物じゃないと外国市場では生き残れない
さらにドイツ国内レベル低いクソ製品でも他の国ではそう思われないという場合もある


3 Unknown万国アノニマスさん 
W・エドワーズ・デミングがその答えになるかもしれない
彼の品質管理論アメリカでは冷遇されたけど
来日後第二次世界大戦後日本奇跡的高度経済成長影響を与えたとされている

W・エドワーズ・デミング:第二次世界大戦時にアメリカの生産性向上に尽力したが、それよりも日本で行った業績でよく知られている。彼は1950年から日本の企業経営者に、設計/製品品質/製品検査/販売などを強化する方法を伝授していった。彼が伝授した方法は、分散分析や仮説検定といった統計学的手法の応用などである。デミングは、日本の製造業やビジネスに最も影響を与えた外国人であった。以前から英雄的な捉え方をされていたが、アメリカでの認知は彼が死去したころやっと広まり始めた。(http://ja.wikipedia.org/wiki/W・エドワーズ・デミング)

_Edwards_Deming


 Unknown万国アノニマスさん 
あとは「Kaizen」という名の哲学だな
※Kaizen:いわゆる「改善」のこと。カイゼンと表記すると、おもに製造業の生産現場で行われている作業の見直し活動のことを指す。主に労働者側から出る要望や見直しでトヨタ自動車のKaizenは有名。


4 Unknown万国アノニマスさん 
ドイツが最高品質の製品を作っているからってのが主な理由だろう
高コストの製品を作るということは、国際市場で低価格低品質のモノで競争しないということになる
言い換えるならドイツ企業が粗悪で安っぽい自動車を作り出しても
インドも同じような粗悪自動車をさらに安い値段作れてしまう
高いクオリティーエンジニアリングこそ国際的自動車市場成功する唯一方法


5 Unknown万国アノニマスさん 
ドイツとアメリカの製造部門で働いたことがあるけど
技術的に大きな差があるとは思わない、最大の違いは労働者にあると思う
ドイツだと、下級労働者でも正式に採用される前に2年間下積みをする必要がある
この辺が、特に製造業だと大きな差になってくる
しかしながら、ほとんどの工業製品は質と値段に比例するとは思う


6 Unknown万国アノニマスさん 
日本とドイツに住んだことがあるけど彼らの文化が関係していると思う
ドイツはヨーロッパにおける日本のようだと感じた
完璧主義、品質基準が高い、労働倫理が強く、職人に価値を見出している
日本人やドイツ人が何かに打ち込んだら中途半端なものは出来ない

あんまり関係ないけど似ていると気づいた点を面白いので挙げておく
・衛生水準が物凄く高い ・他人と打ち解けるのが遅い
・パーソナルスペースを尊重 ・効率的な国民性
・よく働く労働者 ・品質を重視する性格


 Unknown万国アノニマスさん 
・第二次世界大戦の枢軸国 も追加で


Unknown万国アノニマスさん 
それなら両国とも徹底的に破壊され
焼け野原から復興したという点もあるな


8 Unknown万国アノニマスさん 
第二次世界大戦後、日本製品は粗悪品という評判で国際市場では敬遠された
W・エドワーズ・デミングやジョセフ・ジュランのような専門家招き助言してもらったことで
総合駅な品質管理を採用し、日本製品クオリティ向上した
アメリカ人などは日本製自動車れまくるまで品質面などで警戒してなかったからね


 Unknown万国アノニマスさん 
いま韓国製の自動車で同じことが起きている気がするな
15年前のヒュンダイや起亜自動車なんか最低の品質だったのに、
今ではトップレベルのクオリティになったと言う人までいるし


9 Unknown万国アノニマスさん 
日本もドイツも、文化的に職人やモノづくりに関わる人に対し畏敬の念を抱いている
一方で英語圏だと職人に対して文化的に嫌悪されている
手に職をつける人ってのは大学で落ちこぼれた人であり、才能ある人はヘッジファンドに就職するからな


 Unknown万国アノニマスさん 
アメリカ人というものはビジネスマンやリーダーに執着するからねぇ
労働者じゃ上手く噛み合わない気質だ


11 Unknown万国アノニマスさん 
日本製品についてはよく知らないが、ドイツの製品は総じて品質が高くなる
「ISO」という世界レベルの水準よりもさらに厳格な「DIN」という規格があるからだ
なのでドイツで作られた製品はどんな製品よりも厳しい品質検査をクリアしていることになる


12 Unknown万国アノニマスさん 
製造過のなかで多くの品質管理体制揃ってるからだな
政府がそういう高い水準を設けてるってこともあるだろうし
特に日本では、W・エドワーズ・デミングPDCAサイクル1950年代主要産業採用されると品質は上昇したという

PDCAサイクル:事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。(http://ja.wikipedia.org/wiki/PDCAサイクル)

svg


13 Unknown万国アノニマスさん 
最大の理由は、国際的に見ると消費者は最高の外国商品にしか目に入らなくなるということ
貧弱な製品はたとえ母国でも十分に売れないし、国際的にも売れることは無いから


14 Unknown万国アノニマスさん 
ドイツに関して言えば答えは簡単
ドイツでは普通、CEO(最高経営責任者)が技術者側の出身だから
他の国、とりわけアメリカでは経営責任者というものはビジネススクールやロースクール出身者という傾向が強い
これだけでも品質が高いという説明になる


15 Unknown万国アノニマスさん 
日本もドイツもあまり消費せず、物を捨てずに大切にする文化だからそれが関係していると思う


16 Unknown万国アノニマスさん 
アメリカだと「品質」という単語は「効率」に置き換わってしまう
そして気づくと品質基準というものが利益重視になっている

17 Unknown万国アノニマスさん 
細部までこだわるという完璧主義文化があるからだろうな