引用:http://redd.it/2ucj6n


スレッド「直訳すると奇妙に感じる各言語の”ことわざ”何か」より。

Kit-T-01_01

(海外の反応)


1 Unknown万国アノニマスさん 
(英語に)直訳すると奇妙に感じる各言語の”ことわざ”は何?


2 Unknown万国アノニマスさん
ドイツ語そんなのソーセージみたいなもんだよという
何も気にしなくていいよ言いたいときに使う


 Unknown万国アノニマスさん 
それフィンランドでも使うなぁ
文化的交流がいかに盛んなのか分かるね


3 Unknown万国アノニマスさん 
日差しがあるのに雨が降ってるor太陽が見えるのに雨が降ってる時があるじゃん
英語圏だと現象Sun showerって言うと思うけど
アフリカーンス語Jakkals trou met wolf se vrou(ジャッカルとオオカミ結婚)表現するらしい
このことわざの起源なのかは俺に聞かないでくれ、オランダっぽいけどアフリカーンス語またなんだ


 Unknown万国アノニマスさん 
南アフリカだと、そんな天気雨を「Monkeys wedding」と呼んでいる
理由はわからん


 Unknown万国アノニマスさん 
日本語だと、その現象を「fox wedding」と表現する


 Unknown万国アノニマスさん 
そうだね、キツネが結婚するにはいい日取りだものね


 Unknown万国アノニマスさん 
キツネの結婚なんて物凄く可愛らしい響きだ


4 Unknown万国アノニマスさん 
狐の嫁入り黒澤という映画知ったわ・・・
01-a15cd


5 Unknown万国アノニマスさん 
キツネの結婚式はスリランカのシンハラ語でも意味が通じる


6 Unknown万国アノニマスさん 
アラビア語エジプト方言より。
「You son of sixty dogs!(お前は60匹の犬の子だ)
わけがわからない時に使うフレーズだが面白いだろ


 Unknown万国アノニマスさん 
サノバ●ッチの進化系みたいなもんですな


7 Unknown万国アノニマスさん 
スウェーデン語の「Att glida in pa en rakmacka」
直訳すると彼は海老サンドイッチ上に乗っている
親が金持ちなので働く必要のないという意味だぜ
img_8349a_94150479


 Unknown万国アノニマスさん 
英語の同意義語は「銀の匙をくわえて生まれてきた」だね
Baby Spoon


 Unknown万国アノニマスさん 
フィンランド語でも同じ意味の諺がある
ちなみに「pappa betalar(パパが支払う)」と表現するよ


Unknown万国アノニマスさん 
フィンランド語は効率ええなぁ


9 Unknown万国アノニマスさん 
ウェールズ語の「Cynnal tan mewn hen aelwyd」という表現
直訳だと「古い暖炉に火をつけてこい!」、すなわち「出て行け!」という意味になる


10 Unknown万国アノニマスさん 
祖母の出身地、ポーランドの慣用句で好きなのは”Nie moj cyrk, nie moje małpy
直訳意味は私のサーカスはない私のでもない
言い換えると「私が関与するところではない!」というニュアンスになる
どこからこんな表現になったのか知らない大好き
0740834bb470321d36d33100ca9bc993


 Unknown万国アノニマスさん 
"Not my circus, not my monkey"は英語として普通にもありそう


11 Unknown万国アノニマスさん 
オランダ語:「ひどすぎ、ピーナッツバター!」


 万国アノニマスさん 
そうそう、韻を踏むためだけの感嘆符だから直訳するとそうなるわな
ちなみにスペルは"Helaas, pindakaas"


12 Unknown万国アノニマスさん 
英語でもあるよね?
「See you later, alligator(シィーユーレイター・アリゲーター:またねという意味)」っていう音韻だけで何の意味のない表現
ピーナッツバターというのはかなり選りすぐってそうだ


13 Unknown万国アノニマスさん 
「これより袖から猿が出てくる!」ということわざ
何かの種明かしをする時、または追加情報のせいで混乱が発生した場合に使う


 万国アノニマスさん 
英語の「cat's out of the bag(秘密が漏れた)」と似てるね
※猫を袋に入れて豚だと言って売ろうとしたが、猫がとび出てきたという故事
ダウンロード (1)


14 Unknown万国アノニマスさん 
ペルシャ語(イラン):「地面を食べたらお父さんが出てきた」
意味は手痛い失敗をして言葉を濁すときに使う


15 Unknown万国アノニマスさん 
「Du har roterende fis i kasketen」というデンマーク語の言い回し
変人に向けられる言葉で、意味は「お前の帽子のなかでクソを回転させている」
信じられないかもしれないけど使うんだよ


16 Unknown万国アノニマスさん 
中国語のことわざはその背景に物語があっていいよね
例えば「三人の僧侶の飲み水が無い」
故事のストーリーとしては、小高い山上にお寺があり僧侶水を毎日運ぶ必要があった
最初の一人水を運んでると二人目三人やってきて途中水を消費してしまい
寺に着く頃には空っぽ僧侶飲むためのなのに僧侶運ぶとなくなるというお話
英語だと「料理人が多すぎるとスープを台無しにする」が近い


17 Unknown万国アノニマスさん 
ドイツ語の慣用句''Morgenstund' hat Gold im Mund"
直訳すると、「朝の時間帯は、口に黄金をくわえている」

※補足:日本語だと「早起きは三文の得」


 Unknown万国アノニマスさん 
英語の「The early bird catches the worm.(早起きな鳥は虫を捕まえる)」と同じだね
ダウンロード (2)


18 Unknown万国アノニマスさん 
コロンビアで使われる”Los pelotas del marrano”
・・・・翻訳すると「豚のキンタマ」で、感嘆符として使われる


19 Unknown万国アノニマスさん
ベトナム語の「yeu cầu」
翻訳すると「愛のトイレ」だが、ベトナムでは「Request」という単語になる


20 Unknown万国アノニマスさん 
中国語の「你不是我肚子裡的胃蟲」
直訳すると、「あなたは私の胃の中の虫じゃない」
誰かが自分の噂を話したりや何か思われているときに使う


21 Unknown万国アノニマスさん 
ヒンディー語(インド):Aasman se gire Khajooer mein atke
翻訳すると:空から落ちて、ナツメヤシの木に絡まった
英語の類義語だと:Out of the frying pan into the fire(鍋の中から火の中へ≒「一難去ってまた一難」)


22 Unknown万国アノニマスさん 
ルーマニア語:Nu tot ce zboara se mananca
直訳飛んでいるものが全て食べられるとは限らない
英語近い表現:Not everything that shines is gold(もの必ずしも黄金ではない)


23 Unknown万国アノニマスさん 
ロシア語の「シャワーおめでとう」という表現
シャワーを浴びたあとに言われる言葉として日常的に使われる


24 Unknown万国アノニマスさん 
ソマリア語では負け組や良いところがない言いたい時に「eeyala suuq」言う
直訳すると市場子供


 Unknown万国アノニマスさん 
ちょっと悲しくもあるな、市場で売られている子供が無価値と言ってるようなもんだし


25 Unknown万国アノニマスさん 
オランダ語の”Dat is andere koek”
翻訳すると「それは別のビスケットだ」で、全く異なってる事に対して使う


関連記事



ダウンロード

狐の嫁入りの共通性はかなり興味深いですね