引用:http://redd.it/2cshtr


人間に知能がとても近いと言われる「クロザル」。この猿が自分で撮った写真を巡ってカメラの所有者であるイギリスの写真家と写真をインターネット上に掲載しているWikipedia等の財団の間で、著作権の論争が起こっていて、各メディアも大きく取り上げ注目を集めている。
争点になってるのは、2011年にインドネシアの森林で撮られた歯をむき出しにして笑うような表情の写真。イギリスの写真家のデイヴィッド・スレーター氏が持っていたカメラをサルが奪い自分で撮った写真で、いわゆる「セルフィー(Selfie)」と呼ばれるもの。写真家側が「写真の著作権はカメラの所有者である自分にある」として写真を掲載しているアメリカのWikipediaに対して掲載をやめるよう求め、写真の収入を失ったと訴えている。これに対し写真を掲載しているWikipedia財団は、サルが撮影した写真である以上、男性に著作権はないと主張し真っ向から対立してるという。

selfie-640x960

(海外の反応)


1 万国アノニマスさん 
裁判所の決定が判例になるから結果が楽しみだな


2 万国アノニマスさん
Wikipediaは誰にも著作権がないから写真は消さないと主張している
クロザルに著作権があるとは言ってないよ


3 万国アノニマスさん 
つまり、サルに誰かの裸の写真を撮らせたら削除されないってことか
ちょっと猿を捕まえてくる


 万国アノニマスさん 
猿は刑務所行きなわけだが?


4 万国アノニマスさん 
よくわからないが、猿が魔法を使ってWikipediaに画像をアップロードをしたのか? 


 万国アノニマスさん 
いや、写真がニュースで有名になって
著作権はないだろと思った誰かがアップロードしちゃった


5 万国アノニマスさん 
いい顔
monkey-620_1937620e


6 万国アノニマスさん 
まず思ったことは、フォトジェニック(写真映り良い)サルだなぁいうこと

7 万国アノニマスさん 
この話は銃に置き換えたほうがわかりやすいだろう
サルが銃を奪って誰かを殺してしまったら、銃の持ち主は”自分は殺人罪を受ける”と主張するだろうか


8 万国アノニマスさん 
法廷でデイヴィッドスレーター氏は猿と争うことになりそう


9 万国アノニマスさん 
最終的にはサルの権利を守れとかやってそう


10 万国アノニマスさん 
現在の地球は『猿の惑星』の真逆だ
非人間はいかなる権利も持ってない


11 万国アノニマスさん 
面白い話だなぁ、個人的にはWikipedia財団側に分があると思うけどね
写真家が生み出した作品ではなくサルが撮影したんだし


12 万国アノニマスさん 
前提がまず馬鹿げてるのに、真面目な法律の話になってて不思議な気持ちになってくる
誰か仮想の法律を議論する掲示板があったら教えてくれ



13 万国アノニマスさん 
鳥のつま先にカメラを装着させて撮った映像も鳥に著作権があるのかねぇ


14 万国アノニマスさん 
アホっぽいけどWIKIPEDIA側がまあ正しいわ 


15 万国アノニマスさん 
チンパンジーの描いた絵は著作権が誰にも無いので、パブリックドメインになってるよね
Chimpanzee_congo_painting
 


16 万国アノニマスさん 
誰も動物権利を守ろうとしないのかよ 


17 万国アノニマスさん
写真を編集ソフトなどで加工していたらなら著作権は写真家にあっただろうに
オリジナルのまま公開したのかな


18 万国アノニマスさん 
写真家が猿を雇って撮影させた、とかにすればいいんじゃね


19 万国アノニマスさん
猿のほうがオレより上手に写真撮ってるんだが?


20 万国アノニマスさん 
そこら辺の10代の若者より写真技術が上だね


21 万国アノニマスさん 
めちゃくちゃ興味深い話だった、俺はWikipedia側につくよ


関連記事