引用:http://redd.it/26fxia


スレッドイギリスでは、日本イタドリという国際自然保護連合が世界の侵略的外来種認めた外来植物コンクリートの基礎建物洪水防止道路建設現場被害及んでいるという。2010イタドリ天敵である昆虫輸入野に放ったより。

800px-Fallopia_japonica_MdE_2

Ads by Google

イタドリ(虎杖、痛取)とは、タデ科の多年生植物。別名は、スカンポ、イタンポ、ドングイ、ゴンパチ。北海道西部以南の日本、台湾、朝鮮半島、中国に分布する東アジア原産種。世界の侵略的外来種ワースト100 選定種の一つである。19世紀に観賞用としてイギリスに輸出され、旺盛な繁殖力から在来種の植生を脅かす外来種となり、コンクリートやアスファルトを突き破るなどの被害が出ている。2010年、イギリス政府はイタドリの駆除のために天敵の「イタドリマダラキジラミ」を輸入することを決める。

http://ja.wikipedia.org/wiki/イタドリ

(海外の反応)


1 万国アノニマスさん 
そして、天敵の昆虫を駆除するためにヘビを放ち
ヘビを駆除するためにゴリラでも放つことになるんじゃないだろうか


万国アノニマスさん
その通りかもしれない
そしてゴリラは冬を越えられずに凍死だ


2 万国アノニマスさん
マジこの虫環境にどれくらいの影響を与えるのか計り知れない
外来種で外来種を相殺なんて行為は注意深く実行する必要がある


3 万国アノニマスさん 
増えたのなら、食べるべき
6a00e54fcc29da8834017615b58c31970c-500wi6a00e54fcc29da8834016767c01c4f970b-500wi


↑ 万国アノニマスさん 
ちゃんと時期を確認して採取しないと痛そう


4 万国アノニマスさん 
最終的にはライオンを放つハメになったりして


万国アノニマスさん 
新しい防除生物を使うときには、厳格な政府の規則に従うので大丈夫
長い歴史の間でつちかった教訓がある

防除=生物による害を防ぐため、その進入の防止・個体数の管理などを行うこと。


6 万国アノニマスさん 
自分もこの憎らしい植物のために何年も苦労したんだよなぁ 


7 万国アノニマスさん 
『シンプソンズ』で似たような話やってたよな 


8 万国アノニマスさん 
アメリカ人だけど同じような悩みをもってる国があって嬉しい
こっちではKuzu()繁殖している


↑ 万国アノニマスさん 
ミシシッピに住んでるけど葛はマジでやばい
土壌流失防止用として入ってきたらしいが、今では”どこにでも”存在している状態

※葛はこんな感じらしいです、まさにクズ
img_023769094


10 万国アノニマスさん 
アメリカの南部諸州にわたって生えてる葛とまったく同じだね
葛は調理して食べられたりもしてるよ


11 万国アノニマスさん 
なんか本当に20年後、「イギリスが日本の昆虫を食べる日本の鳥を放ちました」とかやってそう


12 万国アノニマスさん 
オーストラリア人がサトウキビを荒らすカブトムシを駆除するためにオオヒキガエルを導入したけど
そのオオヒキガエルが、カブトムシのいるサトウキビの上部まで登れなくて
結果として、カブトムシとオオヒキガエルの両方が大繁殖したという逸話を思い出したぜ、イェア


13 万国アノニマスさん 
自分の家の庭にも襲来してきたな
父が1年間除草剤をかけても来年また生えてくる、これはいいニュースだ


14 万国アノニマスさん 
ワーオ
このイタドリ、裏庭にちょうど生えてたよ・・・



default

外来種に苦しむのは世界共通のようですね