引用:http://redd.it/23l8x2


スレッド「1970年代のスペースコロニー構想」より。冷戦中の1970年代、NASAは今よりも「宇宙」に目を向け、移住を真剣に考えていました。illust位は当時計画されていた3種類のスペースコロニーの想像図。


トーラス型コロニー(想定人口1万人)1975年にスタンフォード大学で設計されたドーナツ型をしたペースコロニー・モデル。

Torus_Interior_AC75-2621_1920

Ads by Google
Torus_Cutaway_AC75-1086-1_1920Torus_Construction_AC75-1886_1920Torus_Exterior_AC76-0525_1920 (1)

②バナール球(想定人口1万人):ジョン・デスモンド・バナール()が1929年に著した「The World, the Flesh and the Devil」に登場すスペースコロニー。

Bernal_Exterior_AC76-0965_1920Bernal_Interior_AC76-0628_1920Bernal_Cutaway_AC76-1089_1920Bernal_Construction_AC76-1288_1920Bernal_Agriculture_AC78-0330-4_1920Bernal_Model_AC76-0852_1920


③シリンダー型コロニー(想定人口100万以上):アメリカの物理学者ジェラード・K・オニールが1974年に提唱した「オニールのシリンダー」とも言われるスペースコロニー。

Cylinder_Exterior_AC75-1085_1920Cylinder_Interior_AC75-1086_1920Cylinder_Endcap_AC75-1883_1920Cylinder_Eclipse_AC75-1920_1920Cylinder_Multiple_AC75-1921_1920

(海外の反応)


・美しい、ただただ美しい。当時のレトロな絵はホント好き


・ガンダムで見たことがあるのがチラホラ


・オレは真剣に悲しくなってきた。叶わなかった子供の頃の夢を見せつけられた気分だ・・・


↑純粋な失敗でも無いぞ、この中のアイディアが今どこかで活かされてるかもしれないし


・ISS(国際宇宙ステーション)が1998年に打ち上げられたものだよな?巨大なスペースコロニーが出来るまであといくつのアプローチを重ねることになるんだか


・NASAに冷戦時代のような政治的支援がされることは永遠にないだろう


・映画の『エリジウム』の世界だね。想像図は絵画としても素晴らしいと思うよ

elysium_vfx_13_h_2013

・ナショナルジオグラフィックか何かで宇宙移民は理論上可能って番組を見て、ガキの時はかなりワクワクしたもんだ


↑自分も同じ番組見たかも、未来は魔法の世界みたいに思うんだよな


・アーサー・C・クラークの小説『宇宙のランデヴー』のイメージそのままだ!


・こういう絵から『スター・トレック』のようなSF作品が生まれたと思えば、構想の価値はあった


・ゲームの『マス・エフェクト』もこの当時の妄想を基礎に作ってるよなぁ

Mass-Effect-3-Citadel-7


・現状、スペースコロニーはSF作品やゲームの舞台装置でしかないのがもったいない

・この世界ならモビルスーツも簡単に作れちゃうんだろう


・最初の2つの人口が1万人なのに、3つ目は100万人以上収容可能なのか


・どれも遠心力で重力を発生させるから、それに慣れないと移住はキツそう


・今でも冷戦をやってれば宇宙移民とか出たんだろうか


・スペースコロニーなんてリスクと不確実性の塊でしかない


・費用が莫大すぎて宇宙進出なんて無理だと分かっちゃったから夢がないよね


・昔のSF本の”21世紀”はこんな世界のハズだったんだがな、うーん



default

あと500年くらい経てば実現するでしょうか…