このエントリーをはてなブックマークに追加
    「電車男」がアメリカでドラマ化へ。その名も「トレイン・マン」
    2005年にフジテレビ系列で放送された人気ドラマ「電車男」が、アメリカでミュージカルドラマとしてリメイクされることになった。新しいタイトルは「トレイン・マン(Train Man)」。「電車男」は、2ちゃんねるへの書き込みを基にした恋愛小説。気弱なアニメオタク青年が、電車内で酔っ払いに絡まれていた女性を助けてお礼を言われたことを2ちゃんねるに投稿したところから物語が始まる。2005年にドラマ化された際には、オタク青年を伊藤淳史が、エルメスと呼ばれる女性を伊東美咲が演じて話題となった。アメリカでリメイクされるドラマは、1話30分のシリーズで、1話ごとに2〜3曲のミュージカルナンバーが流れる予定だ。監督は、人気ドラマ「glee/グリー」などを手掛けたアダム・シャンクマンが務める。(ハフィントンポスト)
    trainman

    引用:FacebookFacebook②Kotaku


    (海外の反応)


    1No infomation万国アノニマスさん 
    日本のドラマ『電車男』がアメリカでリメイクされるぞー


    2United Kingdom(Great Britain) 万国アノニマスさん
    頼むからやめてくれ
    これは日本の若者文化(オタクやアイドル等)や恋愛、
    日本社会における葛藤をテーマにしたデリケートなストーリーだ
    リメイクだったら意味をなさなくなる、頼むから作らないでくれ



    3No infomation万国アノニマスさん 
    胃に穴が開いたような変な気分になるのは何故だろう?

    電車男がアメリカでドラマ化決定! 外国人「頼むからやめてくれ」を読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スレッド「俺はこれが嫌いだ、最も愚かな法律だよ」より。法律で強制的に選挙に行かないといけない義務投票制の国一覧が話題を集めていたので反応をまとめました。
    1539817176453
    引用:4chan


    (海外の反応)


    Brazil 万国アノニマスさん 
    俺はこれが嫌いだ、最も愚かな法律だよ


    Argentina 万国アノニマスさん
    俺は強制のほうが良いと思う
    投票は単なる権利ではなく義務であるべき


    Netherlands 万国アノニマスさん 
    自由人がどうして投票を強制されなきゃいけないんだい?
    義務の国がどこもロクでもないけど驚きはしないな

    外国人「法律で強制的に選挙に行かなきゃいけない国一覧を見てみよう」を読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スレッド「30歳を迎えたので現実逃避として1ヶ月日本に行ってきた!」より。
    mUPQ9aI
    引用:imgur

    外国人「30歳になり現実逃避したくて1ヶ月日本旅行してきたよ!」を読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スレッド「これはどうやって食べるものなの?」より。
    1539776057673
    引用:4chan


    (海外の反応)


    1No infomation万国アノニマスさん 
    これはどうやって食べるものなの?


    2No infomation万国アノニマスさん
    一心不乱にチョコレートを舐めまくる


    3No infomation万国アノニマスさん 
    下から上に向かって食べるんだよ

    外国人「日本のチョココロネの正しい食べ方を教えてほしい」を読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スレッド「Oh, Japan...」より。
    44139301_2332198553474353_465199280903159808_n
    引用:Facebook


    (海外の反応)


    1No infomation万国アノニマスさん 
    Oh, Japan...


    2No infomation万国アノニマスさん
    日本のような競争の激しい国ではこういうことになるんだね
    どんな場所でも眠りに落ちる人がいるというのは悲しい


    3Philippines万国アノニマスさん 
    これには驚いた
    寝ている人にではなく、携帯がそのままなことに驚いた
    フィリピンでこんなことがあったら持ち物は全部盗まれるよ

    電車で爆睡する日本のサラリーマンに海外驚愕「スマホが盗まれてない」を読む

    このページのトップヘ